協会の歴史
協会の組織と活動
当協会からの
ご挨拶
会員紹介と
各社相談先
探偵社の選び方
契約時の注意点
倫理綱領と
定款について
入会案内と
審査について
調査の相談、また調査の依頼をしようとお考えの方で、「信頼できる調査会社、探偵社がわからない」とお悩みの方は、こちらの「正しい探偵社の選び方について」を是非ご参考にして下さい。

悪徳探偵社や悪徳興信所は依頼者を信用させる、依頼を受ける為に様々なやり方の宣伝広告をしています。依頼者側もそういった業者を見極める目を持つことが重要です。

日本調査業協会に加盟している業者を選びましょう。
一般社団法人 九州調査業協会は、良識と責任に基づく 
実績ある探偵事務所・調査会社・興信所が集まり、探偵調査業界の健全化と向上を 
推進しています。依頼先は一般社団法人 九州調査業協会に加盟していることが安心の目安です。

探偵・調査の依頼内容の秘密は守られます。
探偵調査の依頼事実をむやみに他言すると、調査に支障を来たすばかりでなく、
対象者に察知されかねません。依頼者ご自身が告白しない限り、秘密は守られます。

まず、探偵社や興信所などに、調査を相談または依頼しようと考えたときは、下記の
内容をよくお読みの上、判断される事が賢明と言えます。




きちんと依頼者に納得していただくだけの責任ある調査を行なう
には、ある程度の料金は必要です。安い料金を提示している調査
業者の中に、最初は安く見積もり、後から不当に高額な調査料金の
請求をしたり、調査の手を抜いたりする場合や、報告や連絡がない
などの事例もあります。
当協会の加盟員であれば、ご心配ありませんが、万一、当協会の
加盟員によって不当なことが発生した場合には、当協会本部是正を
求めて参ります。

素行や浮気調査などの尾行調査で成功報酬制を導入している業者が
ありますが、必ずしも結果的に調査費用が安くなると云うものでは
ありません。成功の定義や、その他のかかる料金についてよく説明を
受け、ご契約される場合にはよくご確認下さい。
できるだけ安い調査料金で、しっかりとした調査の報告を受けられる
事に越した事はありませんが、知らぬ間に調査料金が課金される
などの状況にならぬようにされる為にも、キチンと活動状況の報告を
受け、打合せにも参加される事が、調査結果の善し悪しや料金の
圧縮にも通じるところです。

探偵社や興信所のなかには、自らの調査能力を高く見せる目的で
成功率「100%」などの表示を行なっている業者があります。
勿論、調査の内容やご契約の内容によっては100%の結果を
ご提示可能な調査もありますが、100%と断言できない場合もあります。
100%と云う言葉に惑わされること無く、ご契約される場合には、よく
契約内容をご確認ください。
以上のような「成功報酬」「格安料金」「会社を大きく見せる」「誇大な表示」などの言葉でお客様の信用を得ようとする業者にはご注意下さい。


当協会は、下記の行為を正しい探偵社・興信所として正当な行為ではないと考えています。
又、違法なものも含まれています。細心のご注意をして下さい。
被差別部落に関する差別調査を請け負う行為と、調査中に知りえた
内容を報告する行為
個人の犯罪歴について調査報告する行為
別れさせ屋などの「別れさせ工作」や「復縁工作」「復讐代行」などを
行う行為
盗聴盗撮行為やストーカーや名誉毀損などを行う行為
これらの仕事を宣伝し、仕事を引き受ける業者は、探偵や興信所ではありません。 探偵や興信所の看板を掲げた「法律を無視したや犯罪者」です。
決してこのような業者には相談や依頼をするのは危険です。
現在、日本中に存在する探偵社や興信所を名乗る調査業者は数千社と言われています。
この業界には今でも誇大広告や悪徳業者が数多く存在し、不安を抱く方が多いのが現状です。
当協会は、良識と責任に基づく実績ある業者が集まりこのような状況を払拭し業界の健全化と向上を推進しています。


調査とは商品の販売とは違い、ご依頼を請負ってから調査に取り組む
ことから、購入前に対象物を確認する事はできません。
依頼人と受注先探偵社の相談担当員との信頼関係によって、判断
される場合が多いものと思われます。
相談担当員との信頼関係が深まったとしても、実際の調査に関しての
誠実さと能力は全く関係ありません。
九州調査業協会の加盟員は、厳正な入会審査を受け入会しており、
事務所の確認や代表者の身元、暴力団構成員の入会の禁止など、
審査基準を設けています。実態がなく、社会的に問題を有すると
云った会員は一切おりませんので、良識を以って対応し、日々の調査
技術の練磨に努めております。規模は小さくても良識と能力の高い
調査業者は多くあります。

@ 違法な調査や公序良俗に反する事は依頼しないようにしましょう。良識ある業者はこのような依頼は決して受件しません。
A 相談内容などに対して守秘義務が確実に守られるか確認しましょう。依頼者ご自身が告白しない限り、第三者に漏れたり察知される事はありません。
B 調査の途中経過の報告がきちんとあるのかを確認しましょう。調査業者の方からも、調査状況によっては依頼者との相談が必要になる事があります。必ず連絡が取れるかどうかを確認をして下さい。


@ 必ず契約書を作成しましょう。契約書は後日、調査業者とトラブルとなった場合の証拠になります。 見積書や契約書は必ず作成し、契約書は大切に保管しておきましょう。
A 追加料金の有無とその内容を確認しましょう。
B 解約やキャンセル時の料金を確認しましょう。


@ 調査の特性や内容によって必要な場合(例えば浮気調査や
素行調査)、写真もしくはビデオが添付されているか確認
しましょう。
A 契約、見積り時の料金も確認して下さい。


@ 格安料金や着手金ゼロ円などの表示に御注意下さい 。
A 法外な高額料金にも御注意を!
All rights reserved. (c) 九州調査業協会